みなさま、こんにちは。

久しぶりの更新となってしまいました。

本日は講師活動のご報告です。

 

このたびご縁あって

公益社団法人かながわ福祉サービス振興会さま主催の「かなふくセミナー」にて

講師として登壇させていただきました。

 

これまで「かなふくセミナー」のアロマ講座は

アロマサロンアトリエアイシス主宰の桑本友紀様が担当されていました。

 

桑本さまとは

私がアロマセラピスト養成校に通っていた時代からのご縁です。

私が理想とするセラピスト像を体現されている

素敵な先輩セラピストです!(歳はわたしよりずっとお若いですよ~)

養成校に在校中はもちろんのこと

卒業後も公私ともにお世話になっています。

 

私のサロン開業にあたり

これまで私の活動を見守ってくださった桑本様から

アトリエアイシスの登録講師として一緒に活動してもらえないかと

お声掛けいただき

僭越ながら現在、アトリエアイシスの登録講師も務めさせていただいております。

 

 

 

桑本さまがこの秋より1年間の産休・育休に入られるタイミングで

講師活動については私へバトンタッチするという運びとなりました。

今回がその第1弾というわけです。

引き継いだバトンを

なんとしても落とさぬように1年間守り抜かなくてはなりません!!

これは責任重大です。

自分にできるのか不安に感じなかったと言えばうそになりますが

私の作業療法士としての経験を交えてお話することで

現場でお役に立つことがきっとあるのではないかと思いチャレンジしてきました。

 

 

講義のテーマは

「介護士さんと利用者さんをつなぐ自然の香りの使い方」です。

img_0001

 

題名の通り

介護福祉現場でのアロマテラピー活用法がテーマです。

福祉の現場でのアロマテラピー活用は、昨今、目新しいことではなくなり

福祉の現場にも精油の知識を持ったスタッフも増えているのではないかと感じています。

 

しかし、現実には

  • 1度はやってみたけど継続できていない
  • 上手くいかないことが多い
  • 精油が使い切れずに困っている…etc

「使い方・活かし方」について迷われている施設様は、まだまだ多いのではないでしょうか。

 

これらの点については

私自身まだまだ勉強中なのですが

介護現場という環境の特性に合わせた一工夫、

使い方のアレンジをすることでぐっと継続しやすくなるのです。

現場で今すぐ使える活用法について

できるだけ具体的に

わかりやすくを意識して

実技、実習も交えた講座とさせて頂きました。

 

 

講義

◆アロマテラピーって何

◆アロマテラピーと介護・福祉現場の相性について

◆実践にあたってのポイント

◆現場でアロマを活かすために必要なこと

◆実際の活用例紹介

実習

◆バスボム作り

実技

◆衣服の上から背中へのタッチング(相モデル)

img_0011

 

 

 

 

 

 

最初は緊張した面持ちの受講生の皆様も

精油の香りを試す時間になると

自然と瞳がキラキラとしてくるのが解ります。

 

実習はバスボム作りでした。

バスボムは比較的簡単なアロマクラフトですが

通常、私たちが難なくできることも

ご利用者には難しいことは多々あります。

麻痺の程度、

筋力低下の度合い、

指示理解力などを考慮して

手順、工程を簡素化するなど、事前の準備が必要です。

これはご利用者が

失敗経験をすることで

自信の喪失につながることを防ぐサポートなのです。

img_0012-1

 

また、単なる作品作りに終わらずに

ご利用者とスタッフがどうしたら一緒に楽しめるか

どんな風に提示したらレクリエーション的要素になるか

リハビリ(運動)につなげられるか…を

キチンと提示できればそれは単なる癒しの時間ではなく

施設での立派なアクティビティサービス、

生活リハビリとなり得ます。

 

さらに

他のスタッフや上司、ご家族様への報告・説明ができれば

施設全体のサービス向上につながるのです。

 

実技は背中へのタッチング。

タッチング実習は20分くらいでしたが…

みなさんが

気持ちいい!

あったかくなる!

コレは喜ばれる!

(ご利用者の中に)これ好きな人いると思う!

と口々にレスポンスをくれました。

 

自然の香りに包まれながら

自らの手を動かすとアクティブになる

タッチングでお互いの存在を認めて安心する

お互いの距離がグッと縮まる

 

みんな笑顔になる…

 

アロマテラピーには人と人をつなぐ力があるなぁと確信する瞬間です。

 

最後に

介護予防の段階から

ターミナルやグリーフケアまで

アロマを活用できる可能性についてもお話しさせて頂きました。

皆さんが熱心に耳を傾けてくださりあっという間に四時間が終了です。

 

後日、主催者のご担当者の方からは

 

受講生のアンケートでも、

『先生の説明は具体例が多く、とても分かり易くて楽しかったです』

『アロマテラピーの見識が広がり、さっそく事業所で取り入れていきたいです』

『個別レクの中にアロマを取り入れたり、マッサージを行う時に

 アロマの香りを漂わせたりと大変為になりました』

・・・など感謝の言葉を多数いただきました。

 

と嬉しいご報告を頂きました。

 

ご参加頂きました受講生のみなさま

サポート頂きました(公社)かながわ福祉サービス振興会のご担当者さま

アトリエアイシス主桑本様に

心より御礼申しあげます。

 

 

今後ともアロマスケープをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

講師派遣・導入サポートについては

コチラ→