みなさま、こんにちは。

アロマスケープです。

 

1月13日(金)に

豊洲長寿サポートセンター様、枝川長寿サポートセンター様

共催で開催された「認知症家族介護者教室」にて

アロマサロンアトリエアイシスの登録講師として

アロマテラピー出張講座を実施して参りました。

 

認知症家族介護者教室 写真③

「認知症家族介護者教室」は

認知症の方を介護しておられるご家族様向けに

認知症介護に役立つ情報や

介護者の皆様の健康管理やストレス解消に役立つ情報を

共有し日常の介護に役立てていただくための教室です。

 

今回は日常の介護疲れやストレスが少しでも緩和できるよう

アロマテラピーを利用したセルフケアの方法を中心に

講義と実践を交えてお伝えさせていただきました。

 

前半はアロマテラピーについての基礎的なお話をさせていただき

後半はマッサージジェルにお好みの香りをつけるブレンド実習と

肩こりケアに役立つセルフマッサージを行いました。

 

香りを活用すると自然と深呼吸がしやすくなり

やさしく、ゆったりとしたリズムのタッチング加わることで

身体をリラックス状態に近づけていく過程を

セルフマッサージという手軽にできる方法を通して

体感していただきました。

 

今回は他施設の職員の方や

実習中の看護学生の方にも同席していただき

和やかな雰囲気の中、あっという間に90分の講座が終了しました。

 

ご参加いただいた方からも終了後に

「楽しかったなぁ!」

「アロマっていいね~」

「身体が良い匂いになって、嬉しかったよ」

と嬉しいご意見をたくさん頂戴したとご報告いただきました。

 

参加者のみなさまのうち

アロマテラピーをご存知の方も2,3名いらっしゃいました。

ご存知の方に利用方法を聞いてみると

「アロマで認知症予防」を取り扱った

テレビ番組をきっかけに

朝晩2種類のブレンドを利用している…という使用法のみで

その他の生活場面にアロマを取り入れているわけではありませんでした。

 

介護や認知症予防にアロマテラピーが役立つことが

少しずつ知られるようになって

疾病の完治を目指すのではなくQOLに役立つアイテムとして

注目されていることはとても喜ばしいことです。

 

 

多彩なアレンジが可能なアロマテラピーは

正しい使い方がわかれば

  • 生活の中に取り入れて色々な使い方ができる
  • 症状緩和のみではなくリラックスやリフレッシュなど 人間の心と身体、全体に働きかける
  • 正しく使えばとても安全
  • 楽しみや知的好奇心を刺激するので楽しめるetc・・・

様々な場面で利用が可能で

一人一人の生活に寄り添ってくれる自然療法です。

 

日本社会の介護現場の状況は近い将来に向かって

ますます厳しい見通しになると予測されています。

介護を担う人材不足については

なかなか解消できる有効策が見つかりません。

 

ですので

ご家族を含め介護に携わっている方々のストレスケアをどうするかが

非常に重要な課題です。

 

アロマテラピーが

そんな厳しい状況に一筋の光となってくれることを願ってやみません。

介護現場でお役に立てるアロマテラピーを

一人でも多くの方にお伝えできるように

これからもがんばっていきたいと思いました。

 

ご参加頂きましたみなさま

主催いただきました長寿サポートセンターのご担当者様に

心より御礼申しあげます。

 

<講座データ>

主催:豊洲長寿サポートセンター・枝川長寿サポートセンター

日時:2017年1月13日 14:30~15:30(1.5H)

参加人数:24名

講師:澤本誠子

 

<テーマ>

「セルフマッサージなどのリラクゼーション方法について」

<講義>

1.アロマテラピーとは

2.リラックスとは

3.リラックス、肩こりケアに役立つ精油の紹介

<実習>

アロママッサージジェル作成

セルフマッサージ体験~肩こりケア~