みなさん、こんにちは。

アロマスケープです。

 

カタチは違えど

また植物の力を必要とするときがめぐってくるなんて…

 

本当に不思議です。

 

前回までのブログに書き連ねましたが

人並みに元気になった私はごくごく普通に生活できるようになりました。

運動は相変わらず苦手でしたが

学校はほとんど休まず登校できるほどになりました。

ポプリはすっかり忘れ去られていました。

 

 

でも思春期を迎えるころから少しずつ雲行きが怪しくなってきます。

 

月経が始まると

ひどい月経痛に悩まされます。

18歳で卵巣嚢腫の診断を受け

巨大になった卵巣を摘出したのをきっかけに

子宮内膜症と長いお付き合いが始まります。

 

 

普段は鎮痛剤が手放せず

ホルモン療法に手術…終わりの見えない治療の日々です

 

 

偽閉経療法に始まり、低用量ピルまで

何でも試しました。

ホルモン療法は副作用が想像以上に厳しくて

ちょっと驚きましたが、

月経の痛みから解放される間は天国のようでした。

 

 

現在、リアル更年期の私。

もちろん症状がありますが

この副作用のころに比べたら今の方がまだマシです。

ホルモン療法や更年期症状のことについては

また別の機会に詳しくまとめてみようと思います。

 

 

 

さて思春期以降、

内膜症という病に立ち向かう私は

病気に負けたくない気持ちの反動で

人より無理をして、身体を酷使して

めげそうな気持を奮い立たせてバランスを保っていました。

 

 

飲酒に喫煙、睡眠不足、運動不足、冷たいもの辛い物の暴飲暴食…

今思えばPMSになって当然

月経困難になって当然の生活でした。

 

 

当然メンタルも不安定。

感情の起伏も激しく

気が緩むと、とにかく怒るか、泣くかです

だから酒癖が悪かったのでしょう。

 

心の底から気持ちが穏やかな時ってあったかなぁ

・・・あまり思い出せません。

まぁほとんど毎日酔っぱらってるから

正直よくわからないだけかも…(^_^.)

 

わざと具合を悪くしていた意識は無いにせよ

症状を軽くする努力はゼロ。

酷くなったら倒れて病院へ…

自ら症状を作り出していたかもしれません。

心配してほしい

構ってほしい

注目してほしい

こういうの疾病利得というのでしょうか…

 

 

20代後半にさしかかり2回目の内膜症の手術

6時間ぐらいかかった大手術でした。

子宮の全摘こそ免れますが

年齢的にも結婚や出産をリアルに考えるようになるお年頃。

このままだと普通に子供を持つことは厳しいだろうと

薄々理解していました。

かなり手痛い失恋も経験したうえに

家族全員ゆとりがなくなり、家庭不和に陥ったりして

 

もう精も根も尽きてしまい、

 

人生ごとどうでもいいやぁ…という感じでした。

 

 

治療については

ホルモン療法にはそれなりに助けられて

有難いと思っていた私ですが

根本的には子宮とおさらばしない限り

根治は難しいこの疾患

ずいぶん自分の卵巣も子宮も苛めてしまったから

本当にごめんなさいって気持ちでした。

 

もう薬(西洋医学)はちょっとなぁ…

 

というモードでした

 

このころから一転して

ナチュラルとかオーガニックをキーワードにしたものに

惹かれ始めるのです。

 

 

手作りの石けんで身体を洗うって気持ちいい

 

重曹で掃除するとなんか地球にやさしいみたい

 

石けんでシャンプーした後はお酢でリンス♪

 

洗濯はやっぱり液体石けんじゃないとね

 

ハーブティーがいいみたい

 

身体は冷やしちゃダメなんだ

 

布ナプキンってあったかいなぁ~~~

 

夜は早く寝るもんなんだ

 

ヨガもいいんじゃないの?

 

カフェイン断たなくちゃ

 

温泉に浸かるのが好きになったり

 

野菜を意識して食べるようになったり

 

それまでの生活とは一変した嗜好になっていったのです。

 

当時、仕事の量も減らしていたので

アロマテラピーでも勉強してみようかなと。

検定のテキストをぱらぱら・・・

 

「お、ジュニパーってきいたことある」

 

「お~ジンの香りだって」<酒好き

 

という興味本位だけでジュニパーの精油を購入。

 

早速フットマッサージ。

 

 

「◎△★☆✤×♪!!!~~~」

 

 

その時の感動と言ったら・・・

 

ぬわんじゃこりゃあああ~~です(笑)

 

 

香りに気持ちが緩むというか

香りに集中することで

いままで経験したことのない、すっきり感!

深呼吸のせいか

あしもぽかぽか

 

なんだかすごく大事な宝物を見つけた気分?

というよりも大きな宝物が入っている箱のカギを見つけた気分

といった方がしっくりきます!

 

大発見!!

 

新しい世界が開けるような気がしたのです。

 

 

 

小さいころに私を助けてくれた植物たちは

何年もほったらかしにされていたのに

忘れ去られたことなんか全く意に介さないように

姿かたちを変えて

さぁ再び私たちの出番よと

私の前にあらわれたのです

 

「あんたさ~そんなにメソメソするぐらいなら

自分の事もう少しちゃんとしてみたら??」

 

 

 

そうだね・・・ありがとう。

 

やってみるね。

 

 

それから約10年。

自然療法的なものをあれこれと試す中で

最終的に現在まで続けているのがアロマテラピーです。

 

引き寄せられたわけです(笑)

 

運命なのですね。

 

勝手に天職にしちゃおうと思います(笑)

 

大げさでもなんでもなく、

これは事実なので

やはり運命を感じてしまいます。

 

 

「アロマテラピーってすごく良いですよ

自分の身体を知るきっかけになるし

自分自身を見つめなおせる素晴らしいツールです」

 

自分の経験があるからこそ皆さんに紹介したいと思うのです。

 

 

40代も半ばに差し掛かり

まだまだ修行の途中ですが

私はずいぶんと自分自身を許せるようになり

それに伴って周囲の人も許せるようになりました。

 

不思議ですよね

 

植物のおかげ

 

アロマテラピーのおかげです

 

生かされることに素直に感謝ができます

 

 

そんなに植物のチカラに助けられてるならば

山奥に引っ込んで

完全自給自足の生活!!みたいなのを実践すれば

もっと健康になれそうだけど…

 

 

そこまでの覚悟はないのよね~

 

良くないとは思いつつ

ビールにから揚げが大好きだし

スタバ行っちゃうし

都会の喧噪やネオン(古い)にホッとしちゃう自分が居て(笑)

 

 

いまだに「東京に住みたい~~~」とか言ってるんだから

 

 

まぁこんな自分も許しちゃってる。楽しいから、いいや♪

 

 

そして、

私を変えたのは決してアロマテラピーのチカラだけではありません。

路頭に迷い続けた私を見守り続け

支えてくれた友人たちへの感謝は言葉に表しきれません。

これからはみなさまに恩返しもしたいのです。

 

 

自分を取り巻くすべてに

感謝。。。