本日もホームページをご覧いただきまして

誠にありがとうございます

アロマサロン アロマスケープです

 

昨日からの背中の痛み

相変わらず頚部の回旋運動は出来ないし

前傾するとめちゃくちゃ痛い

昨日よりはましですが

いつになったら痛みがとれるやら…

トホホ

 

 

今日は青空が広がり

空を見あげれば心地よい秋晴れでしたね

 

でも相変わらず気温が高くて

今日の私の装いといえば

半袖Tシャツ、腕カバー、サングラスに

日傘、サンダル・・・と夏仕様のフル装備です

毎日、愚痴をこぼすようで本当に恐縮ですが

 

暑い、暑すぎる!!

 

熱がこもって、のぼせ気味のお年ごろには

ここ数日は本当にキツイ

 

明日から予報ではやっと涼しくなるようですが…

ちゃんと秋はやってくるのでしょうか???

 

なんだ?この匂い?

今日、上野公園をぶらぶらしていた時のこと

あまりの暑さに季節感がくるっていたせいで

存在を忘れていましたが

今年も街中で公園で…

あの匂いの季節がやってきましたよ~(笑)

 

サングラスをかけて歩いていたせいもあり

うっかり・・・

気付くのが遅れてしまいました

慌てて辺りを見回すと

あるわ、あるわ・・・

 

落ちたばかりのもの

潰れたもの

すっかり外殻がとれてギンナンがお目見えしているもの

 

この匂い(あえて香りとは表現せず)・・・

靴の底に着いたまま

歩き回って

靴底にめり込んだ状態で

家の玄関に持ち帰りでもしたらさあ、大変(笑)

 

公園とかに落ちているものは

拾って帰っていいんですかね(笑)

持ち帰る勇気があれば

自宅で・・・

いや、絶対に無理・・・

 

ギンナンの匂いのもと

ギンナンのあの特有の匂いは

酪酸とエナント酸という成分によるもの

 

酪酸は読んで字のごとく

チーズとか乳製品などの発酵食品にも含まれているようですが

何と足の臭いの原因物質のひとつだとか!?

 

もうひとつのエナント酸も

足の臭いの原因物質と考えられているとかで

なにがなんだか、もう…

 

地面に落ちた種子が容易に食べられないようにと

イチョウの自衛手段のようですが

それにしても強烈です…

写真を撮るのも躊躇するぐらい…

寄りすぎると踏みつけそうで怖い

そのまま触れると刺激があり

かぶれることもあるそうなので要注意ですね

 

 

「肺」の働きをたすけるギンナン

臭いが強烈なギンナンですが

あのもっちりとした食感

薄いきれいなグリーン

炙っても良し

レンチンしてはぜさせてもよし

茶碗蒸しに入っているのもおいしいですね

秋から冬の味覚です♪

実は銀杏は「肺」の陰を補給して

働きをサポートする力があるのだそうです

慢性の呼吸器疾患

慢性の咳や痰、ぜんそく症状などを和らげる効果が期待できるとか

 

先日の薬膳茶セミナーでも学んだばかり

まさに秋の養生に最適です

 

秋に向かい空気が乾燥すると「肺」が弱りがち

乾燥して水分が減ってくると

陰も不足しがちですから

補陰に役立つ食材もうまく取り入れたいところですね

 

中毒を起こすことがあるので

食べ過ぎには要注意だそうです

ギンナンだけを主食のように食べる方は

いらっしゃらないと思いますが

食べる量はほどほどに。。。

生食は毒性もあるそうなので

しっかりと過熱をしましょう

 

くれぐれもこの季節のお散歩中は

足元から漂う匂いにご注意を

 

足元をよ~く見て歩きましょう

 

上野の西郷さんの両脇もイチョウの木

雌の木のようで

やはり銀杏臭が漂っていました(笑)

西郷さん、クサクナイノカナ???

 

本日もお疲れ様でした

「介護+アロマで現場に笑顔を!」

明日もよろしくお願いいたします