本日もホームページをご覧いただきまして

誠にありがとうございます

アロマサロン アロマスケープです

 

今日は急に涼しくなりました

ぐずついた天気となりそうな予報でしたが

思いのほか雨足が強く予定していた遠出を断念し

近場をぶらぶら…

 

日暮里から朝倉彫塑館へ

まず最初に向かったのは朝倉彫塑館

ここは彫刻家朝倉文夫の住居兼アトリエだった場所です

朝倉文夫はここで彫塑の学校も開いていたそうです

展示品ももちろん素晴らしいのですが

天所の高いアトリエや

膨大な資料や蔵書が積み重なる書斎など

建物にも見どころがたくさんあります

この建物は朝倉の遺志により遺族によって1967(昭和42)年から公開されました。1986(昭和61)年に台東区に移管され、台東区立朝倉彫塑館となりました。2001(平成13)年には建物が国の有形文化財に登録され、2008(平成20)年には敷地全体が「旧朝倉文夫氏庭園」として国の名勝に指定されています。2009(平成21)年から2013(平成25)年にかけて保存修復工事を行い、耐震補強を施し、朝倉生前の姿に近づけるべく復原され、文化財的な価値を高めています。

これは2年前の開館50周年記念の展覧会のチラシ 朝倉文夫は猫を愛していたようですね 

そのあと谷中散策か

上野へ出て博物館にでも足を運ぼうかと思いましたが

予想以上に雨が強くなってきたので

諦めて帰路につきました

 

石洞美術館

途中、思いつきで途中下車して

千住大橋駅近くの石洞美術館へ

いつも車窓から見て気になっていた建物が

まさか会社の社屋で

しかもこんなに素敵な美術館だったとは

石洞(せきどう)美術館は、美術工藝を通しての国際間の文化交流、相互理解の促進、我が国文化の向上を図るため、2006年4月に公益財団法人美術工芸振興佐藤基金によって設立されました。  所蔵品は、佐藤千壽(せんじゅ)の収集したコレクションを核としており、美術館の名称は佐藤の雅号「石洞」から採っています。
石洞美術館が入っている建物は千住金属工業株式会社(はんだ製造)の本社ビルですが、銅板葺きおろしの屋根、煉瓦タイル貼の平面六角形のユニークな建物です。また、館内はグレーを基調としたシックな作りになっており、工藝品が見やすいように配慮しています。スロープで1階と2階の展示空間を繋いでいることも石洞美術館の特徴の一つです。

石洞美術館ホームページより)

回廊式でスロープになっているというユニークな作り

収蔵品も見事なものばかり

静かにゆっくりと見て周れて大満足

 

足立区の福祉団体が運営するカフェ「妙好」が

今日は日曜日でお休みだったので少し残念でした

平日にまた足を運んでみたいです

 

地元に帰りつくころには

雨が上がり(まあ、そんなもんですよね)

ご近所のカフェaire amenoさんでオーナーご夫妻と

しばし、おしゃべりタイム

(今日は写真を撮り忘れてしまった)

今日も楽しくて癒された・・・

私の心のオアシスのような存在ありがたい♪

グッと秋の気分になったので

秋らしいアクセサリーも少しだけチェック

あれとこれを

たまにはご褒美に買おうかな・・・などと妄想

 

明日の講座のデモ品作りと最終チェック

家についてからは

今朝は掃除ができなかったので

部屋の窓を開け、少し部屋の空気を入れ替えて

明日の講座準備と消臭剤のデモ品作り

ご利用者がやりやすいように

プラスチックのカップを用意して

不織布を敷いた中にチップを詰めていきます

 

上の方を捩って絞って

麻ひもやリボンでむすべばOK!!

今回は少し奮発して精油もプラス♪

うまくできるかな?

明日が楽しみです♪

 

雨のおかげ?で

新しい発見もできて

充実した一日でした♪

 

本日もお疲れ様でした

「介護+アロマで現場に笑顔を!」

明日もよろしくお願いいたします