みなさん、こんにちは。

 

先日、お世話になっているデイサービスにて

運勢推進会議が開催され講師として登壇して参りました!

 

 

運営推進会議とは

 

簡単に言うと介護保険施設が

ご利用者そしてご家族をはじめ

各関係機関ならびに

地域のみなさまに提供しているサービスについて

ご報告させていただく機会を設けて、

様々なご意見を頂戴したり、意見交換する会議のことです。

 

開催の目的は介護保険サービスを提供する施設というのが、

事業者だけで完結してサービスを提供するのではなく、

開かれた施設として存在することで、

地域連携を強めて、地域の構成員みんなで

介護を支えていく仕組みを作り上げるためです。

良質なサービス

支え合う地域社会…

つまりは

認知症になっても安心して暮らせる社会の実現のためなのですね。

 

 

 

今回の会議の主要テーマは「アロマとタッチング」

 

今期の会議では

アロマアクティビティが6月から開始したことを受けて

「アロマとタッチング」について

これまで提供させていただいた活動の紹介などをしながら

アロマとタッチがなぜ介護場面に役立つのかを中心に

ご説明させていただきました。

 

 

<講義内容>

Ⅰ.アロマテラピーとは

Ⅱ.触れること(タッチについて)

  • 皮脳同根、
  • オキシトシン、セロトニン、
  • 「痛いの痛いの飛んでいいけ~♪」ゲートコントロール

*アロマアクティビティを実施しているご様子をスライドでご紹介

Ⅲ.まとめ~アロマとタッチの強み、ケア現場でなぜ役立つかを考える

  • 安心感
  • 心地よさ
  • 信頼関係
  • 少しでもストレスを減らす工夫etc

*ハンドトリートメントデモ

Ⅳ.質疑応答

 

 

 

和やかな雰囲気の中

会議は進み、質疑応答もとても活発に行われました。

  • 合成香料と天然のものってどう違うの?
  • 飲んだら危ないの?
  • 肌が荒れたりしないの?
  • ベビーオイルって何…etc…

最後には

売られているクリームなどの商品を買うときに

どんなものを選ぶと良いか?!

地球にやさしい物って何?という

壮大な話題にまで発展してしまいました!

ご家族の想いに思いをはせる

 

出席者のほとんどが

アロマテラピーという言葉は聞いたことがあっても

それに対して知識がない方々であったにもかかわらず

(ご家族でご参加いただいたのは男性ばかりでした)

一時間程度の私の話を聞いただけで

こんなにふかく白熱した議論が…

 

ご家族様の飽くなき探求心は

ご自身の興味からでは無くて

認知症を患った家族のために

「なにかいいことないかかぁ」という

気持ちの現れであることを再確認しました。

 

認知症という複雑でとても深刻…

考えようによってはとても辛い病と闘わずして

寄り添い続けるご家族の姿は本当に尊いですよ!!

 

今、思い出してみても

これは、まさにホリスティックな時間であったように思います。

私にとってもとても勉強になる機会でした!!

お集まりいただきました皆様、

講師としてお招きいただいたサービンセンターさまに心より御礼申し上げます。